OA機器関連

サポートについて

弊社は、キャノン、コニカミノルタ、シャープ、その他メーカーとのタイアップにより、全国どこでも商品の設置からアフターまで、お客様に満足いただける保守サービース体制を整えております。(※一部の離島の場合、お問い合わせください。)

コピー機や複合機の場合、メーカーや機種に応じて

  • カウンター契約
  • コピーキット契約
  • 年間保守契約
  • スポット契約

の4つの保守サービスが用意されており、それぞれお客様との「保守契約」によってメンテナンスサービスを実施させていただきます。

以下、それぞれの保守内容について、ご説明します。

カウンター契約  によるメンテナンスとは

コピー機保守契約のもっとも一般的なもので、印刷速度20枚/分以上の機種で使われることが多く、機種ごとに月額基本料金や最低コピー料金が設定され、1枚出力するごとに~円が課金されます。
これをカウンター料金と呼び、お客様への御請求は1ヶ月単位となります。(一部、締め期間が異なります)
カウンター料金には、感光体、部品の交換・調整に必要な費用が含まれ、カラー機ではトナー代金も含まれることがあります。
紙詰まりや汚れなどでサービスマンが訪問修理をしたり、部品の交換が必要になった場合、その費用は無料となります。
契約有効期間は5年間、以降は再契約となります。

コピーキット契約  によるメンテナンスとは

この保守サービスは「キット機」と呼ばれている機器が対象となっており、印刷速度20枚/分以下の低速機種で使われることが多く、感光体や保守サービス費用が含まれるコピーキットを購入する方式です。
コピーキットはメーカー、機種によって異なりますが、5,000枚相当で4万前後。
ただしA4 5%原稿での数値なので、写真や印字の多い原稿を印刷する方には不向きです。
契約有効期間は5年間、以降は再契約となります。

年間保守契約  によるメンテナンスとは

他のOA機器では一般的となっている保守契約です。
コピー機、複合機では「カートリッジ機」と呼んでいるものが対象となります。
年間の保守料金を一括でお支払いただくことで、製品本体が故障した場合の保守サービス、ならびに必要がある場合の部品交換を行います。(一部機器を除く)
「コピーキット方式」が、トナーや部品が「キット」料金に含まれているのと違い、消耗品(トナー・カートリッジ)は、なくなり次第、別途ご購入いただくようになります。
ご導入時の契約に、年間保守料の割引特典を実施しているメーカーもあります。

スポット契約  によるメンテナンスとは

機器が万一故障した場合は、その都度ご依頼に応じ、サービス専門の技術者が訪問し、修理を行います。
保守料金(本体の修理・点検・調整及び部品代金と人件費)は、その都度お見積りし、御請求させていただく形となります。

各社アフターサービスのご案内

コピー機、プリンター、その他周辺機器の保守サポートにつきましては、各メーカーホームページをご覧ください。

CANON
http://canon.jp/
EPSON
http://www.epson.jp/
RICOH
http://www.ricoh.co.jp/
brother
http://www.brother.co.jp/
SHARP
http://www.sharp.co.jp/
KONICA MINOLTA
http://konicaminolta.jp/
kyocera
http://www.kyocera.co.jp/
OKI
http://www.oki.com/jp/